家政婦の資格とは

家政婦の仕事の幅は最近、広がっています。家政婦として働くためには、斡旋業者に登録する方法と直接求人先を見つける方法があります。後者の方は純粋に家事遂行能力が求められますので、それを客観的に評価できる資格が必要になります。例えば、調理師免許や栄養管理士、栄養士の資格です。つまり、家政婦として料理を作ることを期待されるわけですが、付加価値としてきちんとした栄養管理までするということです。栄養士の資格を持っていればそこまで大変なことではありませんが栄養士の資格を持っているのなら、資格の有無で金額も変わる東京でのお仕事に有利です。

料理をしたり献立を作ったりするだけの仕事もありますので、掃除洗濯などの雑用も併せてこなす家政婦の仕事は少し大変と感じるかもしれません。しかも栄養士の資格を持っていたとしても雇い主との面接で落とされる可能性もあります。では、前者の斡旋業者に登録する方法ですが、これは家政婦を派遣する業者が仕事を見つけてきてくれますし、資格を持っていなくても問題なく働けます。その分、短時間の仕事が多くなりますが、要望があれば長時間の仕事もあります。また、最近では家政婦の斡旋業者は、介護の職も併せておこない始めたので、介護の資格を持っていると、より多くの給与を得ることができます。