介護免許

高齢化社会により高齢者の方が増えています。東京のような大都市では核家族化の影響でお年寄りの一人暮らしが増えてきています。東京などの都心では特に共働きでの家族も多いことから、家族と要介護者が同じ家で暮らしていた場合でも日中は介護者の面倒を見られないと言ったことがあります。そんな時のサポートとなるのが家政婦のお仕事です。派遣業者は家政婦の斡旋の他に介護職も併せておこなっています。介護の場合、高齢者の介助をおこなう他に、家事代行などの家政婦としての仕事をおこないます。24時間介護が必要な場合であれば施設に預かってもらう選択肢がありますが、自力でできるけれども足腰が弱っているため日用品の買い出しなど重い荷物を持つ必要がある場合は家政婦に代行を頼むといった利用をされる方も多いです。

また、そこまで介護が必要のない高齢者の場合は、散歩に連れて行ったり病院へ一緒に行ったりするほかに、高齢者とのお話をするという仕事もあります。家政婦よりも介護の仕事というイメージが強くありますね。ただ、慣れてしまっている方ならばそこまで苦痛には感じないかもしれません。もちろん、介護の資格がなくても家政婦が介護者のための家事代行を行うことは可能です。