完璧に仕事をこなす

家政婦として完璧に仕事をこなさなければならないと思っていませんか?もちろん、専業の家政婦、依頼主と直接取引をしている家政婦の場合は、家事の仕事に関して得手不得手はあってはいけません。ある程度は万能に働く能力が求められますし、依頼主ある程度、万能に働いてくれる家政婦を求めていますので、少しでも得手不得手があると採用にはならないことがあります。特に料理に関しては調理免許や栄養士の資格を要求されることがあります。ただ、家政婦の斡旋業者に登録をしますと、料理の仕事は含まれないことがありますので、家事に自信がないのであれば、直接求人を利用せずに斡旋業者を利用しますと、色々な面で楽になります。

また、お客さんの家で何かしらのトラブルがあった場合、斡旋業者がフォローをおこなってくれますので、初めて家政婦として働き実績を作りたいのであれば、直接求人を利用することなく、斡旋業者を利用してしっかりと働くようにしましょう。東京には家政婦の斡旋業者が多くありますので複数に登録して常に仕事があるという状態にしてもいいかもしれません。副業として家政婦になりたいのであれば、直接求人よりも斡旋業者を間に挟んでいた方が楽です。