ベビーシッター

家政婦の仕事の中にはベビーシッターのような仕事もあります。東京などの都心では共働きで子供の世話ができないという家庭も置くあり、ベビーシッターを雇うということがあります。働いている企業もベビーシッター代を保証したり給付したりする制度がありますので、東京で働くキャリアウーマンの方は家政婦をベビーシッターとして雇うということもあります。子供の世話だけでなく、家事、例えば料理洗濯、そして家に帰って来たら自分で料理をする手間を省くために、料理をしてもらうために、家政婦を雇うという人もいます。ある程度子供が大きくなっても、家政婦を雇っておけば寂しい思いをさせなくてすみます。子供が1人で家にいると、なんらかのトラブルに巻き込まれてしまったのなら大変です。

しかも、家政婦を雇うときは毎日雇うのではなく、忙しい時だけ雇うということができます。変則的な雇い方ができるのも、家政婦のメリットといえます。逆にいえば、変則的な仕事をしなければならないという時は、家政婦として働くということができます。最近では、介護職と家政婦も期待されています。高齢者の見守りを家政婦にしてもらうのです。また、高齢者がボケないように家政婦が話し相手になるということもあります。