ハウスキーパー

家政婦の仕事の中にはハウスキーパーという働き方もあります。ハウスキーパーとは、お洒落な呼び方ですが、家政婦が英語でメイドです。ハウスキーパーは、家政婦長と訳されますので、簡単に言えば家政婦たちの管理をする、上級使用人となります。執事の女性版という考えでいいと思います。執事は、家の中の家事いっさいを取り仕切る男性で、外国では現在でも少なからず存在しており、家事のみならず主の予定などをたてる秘書的な役割もしています。話がそれましたが、家政婦として雇われるのは何も一人だけではないということです。

東京には古くからの名家もたくさんあり、多くの家政婦が雇われて、それを管理するハウスキーパーという存在も必要になります。本来のハウスキーパーは、管理職としての仕事以外でも様々なことが期待されていますが、日本ではそこまでのことは期待されていませんので、家政婦たちの管理をする仕事になります。最近では、ヘルパーの仕事も家政婦には求められています。ヘルパーとは高齢者の介護をする仕事ですが、家政婦とは関係ないようですが、家政婦斡旋業者はヘルパーも募集しています。家でのトラブルを解決することを家政婦には求められていますので、家政婦の新しい形態ともいえます。人を束ねる存在になることで自分のスキルを高めることにもなり給料もいいことから、高額を稼ぎたい方は東京でハウスキーパーの家政婦さんを目指すのもいいかもしれません。