付添人

家政婦を雇う例の中には健康を害して、家事をおこなうことができないので、健康になる間だけ依頼をするというケースがあります。また、認知症の方を四六時中見守ることができないので、家政婦を雇うという方もいます。患者を見守り、安静を確保してリラックスして入院をおくらせるために、家政婦は活躍をしています。入院患者の付き添いサービスですが、利用される方は割と多いようです。高齢者の見守りから、子供の見守りのために家政婦を雇うこともあります。ここでの、家政婦の具体的な仕事は、安静見守りというものがあります。

これは、術後はもちろん、体調面を意識した見守りをおこなってくれて、患者の安静の確保とサポートするというものです。また、ナースコール代理という仕事もあり、これは緊急時に本人の希望に応じてナースコールの代理をするというもので、これがとても依頼の多い業務だそうです。さらに、点滴を外したり移動予防をするというものがあり、これは睡眠中に無意識に点滴を外したり移動をさせてしまったりするのを予防する職務で、安全確保のためには欠かすことのできない業務です。見守り対応は、とても重要な業務であるといえます。きちんとした回復のためには、家政婦は必要です。また、東京では病院や施設の数も多いため介護スタッフ人手不足もあり家政婦さんが多く活躍ができるため求人情報もたくさんあります。