介護と家政婦

家政婦の新しい形として介護サービスと併用した形があります。このサービスがおこなえるのは、家政婦には介護ヘルパーの資格を持っている必要がありますが、サービスの最大のメリットは、一般的な介護に加えて高齢者の家族のサポートもできるという点です。家族の食事を作ったり、掃除、洗濯などの家事いっさいをこなしたうえで、高齢者の介護もするのですから、家政婦の仕事量は増えますが、その分報酬を上乗せしてもらえることになります。このようなサービスは介護保険サービスの対象外になる家事全般のサポート、高齢者はもちろん家族にまで包括的なサポートを実現することができるのですから、介護疲れになることはありませんね。

また、高齢者の外出時のサポート行楽のお供なども期待されています。家政婦の仕事は、お客様のお宅へ直接伺い、家事や介護をする仕事になります。家政婦になるためには特別に必要な資格などはありません。介護の仕事をする場合は、介護に関する資格がないとできません。旧ホームヘルパー2級に相当する資格があれば、介護の仕事はできます。他にも食事の支度をする仕事がある場合は、調理師や栄養士の資格があると重宝されます。しっかりと稼ぐことができます。また東京での家政婦募集にはさまざまなものがあるのです資格の無い気軽なお仕事からはじめながら資格をとってキャリアアップすることも可能です。